FC2ブログ

うちのコシュカ

我が家のねこ(コシュカ)の日常をたま~に綴っていきます。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

病は気から  ➁ 


続きです

今回も凄い長文です
お時間のない方は ここ迄で (^^)

   くま:「ふぁ~~~=3」
DSC_9909.jpg


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□

4月の終わりの 日曜日の朝 それまで全く熱が無かった旦那が熱があると言い出しました
本人は 「数日前に階段から足を踏み外したのでそのせいだ」 
と言ったのですが 午後には 37.6度に
肺炎が悪くなった可能性もあるので 
かかってる救急病院に電話すると
「今は外科の先生だが 17時から整形の先生が当直なので
その時間にもう一回電話をかけて」 と言われ
ホッとして 時間に電話をすると
「熱があるなら 一度内科を受診してからでないと 診る事は出来ない」 と言われました
“今”でなければ 診てくれただろうけど 仕方がありません 
熱は下がったのですが 夜には足が痛み 歩く事が出来なくなってしまいました
一晩中痛み 眠れなかったそうです

次の日 8時半に病院に電話し、
歩けない旦那は 段ボールを玄関から車まで敷いて 這って車に乗り
病院では 車椅子を借りました
私も内科を受診し 
二人とも前回とは違う先生で
受付後 私はレントゲン 旦那は検査なし と言われたので
昨日の話をしてるのに なぜ?と思い
看護師さんが確認してくれたのですが、変わりませんでした
(旦那は外部からの先生が担当で 次の日が内科の予約日だったのですが 
 この日は先生が違うので 遠慮した? か 避けた?)
私は 前回と同様 肺は異常無しでした

内科が終わり 整形で暫く待った後
もう一度内科に行ってほしいと言われました
「そりゃそうだわ」 と思いながら戻ると
レントゲンを撮るように言われ (立つ事が出来ないので 座って撮ったので 前回の写真とは多少違いはあるが)
肺の影は小さくなってたので
整形え診てもらう事が出来ました
血液検査の数値が高かったが 肺炎のせいか足のせいかはわからない
レントゲンでは骨には異常は無いので 関節炎だろうと 
足首をギブスで固定し 松葉づえで帰りました

8時半過ぎに家を出て 帰ったのが4時
なのですが~ 
私は 凄く元気になって帰って来ました
看護師さん達が 元気で優しく  
中でも 内科の一人の看護師さんが 明るく愉快で 色々気にかけてくれて
看護師と患者の会話しかしなかったのですが
この看護師さんと話しているうちに 
元気になって、気持ちが楽になって、
ここの看護師さんたちが掛かって無いなら 私も大丈夫
コロナかどうかも分からないのに グチグチ悩んで落ち込んでいる自分がばからしくなって
すっかり元気になって帰って来たのです
今迄も病院に行く度に「看護師さんたちが掛かって無いから大丈夫」と思っていたのですが
帰ると、「やっぱりもしかしたら・・・・「」となってたけど
一日中 待合室で 元気に働く看護師さん や 色んな患者さんを見ていたら
(熱がありそうな人、具合が悪そうな人 殆どの人が咳をしてました)
この人たちが大丈夫なので 大丈夫! と思えたのです

次の日 旦那が予約していた担当の先生の診察に付き添う
CTを撮って詳しく診ると
肺の影は薄くなってるので 後3日薬を飲めば良い
血液検査の数値が高かったのは 足の炎症のせいだろうという事でした 
結局 昔の肺炎の痕ではなくて 肺炎を患っていました


今回 二人とも寝込んでしまって
とどめは
具合が悪くて動けない私と 足が痛くて動けない旦那と
何年か後の老々介護はこんなになるのか と 
真っ暗闇で どん底な気持ちでしたが
そのお陰で(?) 病院で長時間滞在し
元気な看護師さんに会い 
気持ちが明るくなって体調が良くなったので 何が幸いするか分からないものです

“病は気から” って 本当だと 身をもって知りました




緊急事態宣言は解除されましたが まだまだ安心できません
元気になって 私自身気が緩んだ感じがありましたけど
気を引き締めなければ と反省してます
長文を終わりまで読んでくださって有難うございます

スポンサーサイト





未分類  :  trackback 0   :  comment 0    top

コメント

top

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://9ma2a106.blog.fc2.com/tb.php/2453-9d6106c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top